MacBook Pro (Late 2016) Touch Bar無しレビュー

この一ヶ月、体調を崩していて、実はまだろくに使えていないのですが…(泣)
MacBook Early 2015からの乗り換えですが、使っていて思ったのは13インチってモバイルとマシンスペックのバランスがとってもいいんじゃないかと…。
昔、一瞬だけ使っていた13インチのMacBook Proではディスプレイの解像度が小さかったのが難点でしたが、Retina Displayが搭載されているMacBook Proでは、最大解像度にすることでかなり快適に使えます。
そんなわけで感想をいくつか…


Retina Display

先ほど書きました通り、かなりいいです。13インチRetinaは初めてですが、15インチよりもいいかも…反射も許容範囲ですが、コーティング剥がれが気になるので保護シートを貼ろうか悩んでいます。

IMG_4275.jpg


キーボード

よく五月蝿いというのを見ますが、力を入れてキーボードを打つと確かにペチペチいいますね。力を入れなければいいだけですので、この癖に慣れてしまえば問題ないでしょう。MacBookのキーボードよりも打ちやすいと思います。
どうしても慣れない方はキーボードカバーを付ければ、多少はマシになるかもしれません。

IMG_4272.jpg

IMG_4273.jpg

MacBook 12インチのキーボードカバーを試しに買ってみたら使えました(^^;;
バックライトはほとんど見えなくなってしまいますが…

トラックパッド

大きいですね〜。だけど、何ら違和感なく使っていますね。逆にこれより小さいトラックパッドを使うとどういう風に感じるかが気になります(笑)


カラー

やっと憧れのスペースグレーです(^^)
メインで使っている端末は、iPhoneやiPadはスペースグレー、iMacはシルバー、外付けディスプレイはブラックなんですよねー。シルバーか黒がメインの端末群の中で、如何にMacBookのゴールドが浮いていたことか。これでやっと統一できました…って、そこかよ(笑)

IMG_4240.jpg


性能

ブログを書く、ネットする、音楽を聴く、Office文書を書く…とかなら、当然全く問題ありません。
Adobe CCを使う場合でも、余程大きいデータを扱わないなら問題ないと思います(まだ使い切れてませんので、何とも言えませんが…)
個人的に若干イレギュラーな使い方が仮想環境にMavericksを入れて、その上でIllustratorとInDesignのCS5.5とCS6を動かすことです。これはさすがにもたつきますね。おそらくメモリ不足が一番の原因だと思われます。
CPUやGPUは、より上位モデルなら割と大丈夫な気がしますが、どうなんでしょうね?

macbookpro01.jpg


バッテリー
これは持ちますね〜(たぶん)。まだ使い切ったことがないのですが、2時間ほど使って、バッテリーが15%減っていました。10時間は軽くもつ計算になりますね。もっともこれは軽作業でしたので、高負荷なことをしたら当然短くなるでしょうけどね。
MacBook Early 2015のバッテリーが(ヘタっていたのもあって)持たなかったので助かりますね。


う〜ん…こんなところかなぁ〜。
また気になるところなどが出てきたら書きます〜(^^;;





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ピョン吉

キホンMacの話題が中心ですが、わりと何でも書くことにしました。

東海三県というと入らない東海地方の県の人。富士山は綺麗に見えます。
主に紙媒体の人で、オペレーター寄りのデザイナー。

使用機種
メインマシン:Mac Pro 3.7GHz Quad Core (Late 2013)
サブマシン:MacBook Pro (13インチ、Late 2016、Two Thunderbolt 3 Ports)
宅内ファイルサーバー:Mac mini (Late 2012, Core i7 2.6GHz)
その他:iPhone X、iPad (6th)、TimeCapsule(第4世代)、AirMac Extreme 802.11ac

これまでにお世話になった機種(近年)
iPad Air
iMac (Retina 5K、27インチ、Late 2014)
MacBook(Early 2015)
Mac mini(Late 2012)
iMac(Late 2013)
MacBook Pro(Mid 2012)
Mac Pro (Mid 2010)
iPhone 3G, 4, 5, 6
iPad 2, iPad 3rd


アフィリエイトについて
当ブログでは、「Amazon.co.jp」のアフィリエイトプログラム「Amazon アソシエイト」に参加しています。
当ブログ記事内の「Amazon.co.jp」へのリンクは、アフィリエイトリンクです。
これらのリンク先の商品は、当ブログが管理及び販売しているものではありません。お問い合わせになる際は、各店舗にお願い致します。

最新トラックバック

PR