外付けHDDをもらってきた



知人から「使わないからあげる」と言われて、ありがたくいただいてきました(^^;)
林檎派のハードディスク(秋葉館のブランド)で、容量は500GBと個人的には使い道がないんですけどね(笑)
販売価格は、当時13,000円くらいだったそうです。

IMG_4404.jpg

IMG_4405.jpg


このハードディスクはFireWire 800/400, USB2.0, eSATAとインターフェイスが豊富です。
今となってはどれもレガシーですが、対応しているThunderbolt Dockを使えば、SSDを入れてeSATAで繋げば、USB 3.0よりも速く使えるかもしれません。でも、SSDは余っていませんし、Thunderbolt DockもウチのはeSATAには対応していませんけどw
対応OSも豊富ですね。今となってはOS 9と言われても使いませんけどね。ブートも別にしないですし…でも、このハードディスクが現役の時は、あれば助かったでしょうね〜。
ちなみにこのハードディスクをくれた人の使用マシンは、PowerMac G4の最終モデルでOS 9環境が現役です(^^;;


IMG_4406.jpg

さて、早速分解してみましたよ。
中身は表記通りSeagateの500GB(SATA)でした。TBクラスのハードディスクが余っていたら入れ替えようと思ったんですが、生憎とMac Pro Early 2008の腹の中ですw

IMG_4407.jpg


もらってきたこのハードディスクを繋ぐ先は、やっぱりMac Pro Early 2008でしょうね〜。
FireWireが付いていて、わりと使うマシンというとMac Proしかありませんからね。PowerBook G4もありますが、しまい込んでいますし…
デザイン的にもMac Pro Early 2008に合いますしね(笑)

IMG_4408.jpg


それにしても、何を入れようか、悩みます…(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ピョン吉

キホンMacの話題が中心ですが、わりと何でも書くことにしました。

東海三県というと入らない東海地方の県の人。富士山は綺麗に見えます。
主に紙媒体の人で、オペレーター寄りのデザイナー。

使用機種
メインマシン:Mac Pro 3.7GHz Quad Core (Late 2013)
サブマシン:MacBook Pro (13インチ、Late 2016、Two Thunderbolt 3 Ports)
宅内ファイルサーバー:Mac mini (Late 2012, Core i7 2.6GHz)
その他:iPhone X、iPad (6th)、TimeCapsule(第4世代)、AirMac Extreme 802.11ac

これまでにお世話になった機種(近年)
iPad Air
iMac (Retina 5K、27インチ、Late 2014)
MacBook(Early 2015)
Mac mini(Late 2012)
iMac(Late 2013)
MacBook Pro(Mid 2012)
Mac Pro (Mid 2010)
iPhone 3G, 4, 5, 6
iPad 2, iPad 3rd


アフィリエイトについて
当ブログでは、「Amazon.co.jp」のアフィリエイトプログラム「Amazon アソシエイト」に参加しています。
当ブログ記事内の「Amazon.co.jp」へのリンクは、アフィリエイトリンクです。
これらのリンク先の商品は、当ブログが管理及び販売しているものではありません。お問い合わせになる際は、各店舗にお願い致します。

最新トラックバック

PR