MacBook Pro Late2016 (Touch barなし) 3ヶ月使用



2017年正月に購入してから3ヶ月が経ちました。
3ヶ月といっても、前半半分くらいは体調を崩してロクに使えていませんでしたが…(T_T)
スペックは吊るしモデルなのでCPU:Core i5 2.0GHz、メモリ:8GB、ストレージ:256GBで、MacBook Early 2015のエントリーモデルからの乗り換えです。
MacBookからの乗り換えですから、基本的にモバイル使用です。

使用感
主に使っているアプリケーションはIllustrator CC、Photoshop CC、Office 2016、Safri、メール、Jesit X、仮想環境といったところです。
仮想環境以外はほぼ快適に使えています。Photoshop CCは高解像度の写真を弄っていると多少モタつくかな?ということがありました。
仮想環境ではWindows 10とWindows XP、Mavericksを入れています。そのうちWindows 10はほとんど使っていませんが(ほぼ入っているだけw)、ちょっと触る限りでは動作速度に問題は感じません。
Windows XPでは既に開発中止されたページレイアウトソフトを使っています。昔のPentium 3/1GHz、メモリ:512〜1GB程度のPCでは動作がかなりきついソフトでした(対象が古過ぎて参考になりませんが、Core 2 Duo以降は仮想環境で運用しているので、実機での使用感はこのスペックが最後なのです)が、今まで問題なく仮想環境で使ってきたので、当然問題ありません。ですが、それでも同時に起動しているアプリ次第では、若干のメモリ不足を感じることがあります。
MavericksはInDesign CS5.5とCS6を使うために入れています。Mac OS Sierraでは(ウチの環境では)どうしても安定しませんでしたから。
実際の使用感としては、何とか使えるという感じです。まず、起動に時間が掛かります。久しぶりにOS9時代を思い出しました(笑)
で、暑かったファイルですが、仕事で作っていたデータで120ページ〜180ページ程度で写真ギッシリ入っていたりとかする、結構重めのデータになります。
まず、高解像度プレビューにするとかなり厳しいですね。それ以外の設定なら何とか実用レベルでした。ただ、全般的に動作がワンテンポ遅れますね。ちなみにIllustratorも同様の傾向で、Photoshopは使い物になりませんでした。
あとWindowsを動かしている時はそこまで感じなかったのです(アプリもそこまで起動してないこともあります)が、仮想環境のMavericks+InDesignを使っているとメモリ不足を特に感じます。おそらくCPUも力不足なんだろうとは思いますが、メモリが足りないのが決定的に厳しいですね。やっぱり16GB必要です。

バッテリー
これは保ちます。ネットやOffice系の作業なら7時間くらいかなぁ〜、たぶん。空になるまで使ったことありませんが(…カタログスペックでは10時間でしたね)。
ただ、仮想環境を使っている時は、やはりバッテリーの消費は激しかったです。印象として2倍くらいのスピードで減っていった感じです。
でも通常使用であれば、外出時に合間合間で使うなら何とか1日充電しなくても使えそうです。

拡張性
Thunderbolt 3が2機ですが、MacBook Early 2015からだと倍増していますので不満はありません。サブマシンで使う分には、ほとんど気にならないと思います。とは言っても、いざという時のためにアダプタ類は必須ですが…
あっ、でも困ったことがありました。データを貰うためにUSBフラッシュメモリをUSB-C-USBアダプタ経由で使ったんですが、電力不足で動かないものがありました。これは気を付けた方がいいところでしょう。

トラックパッド
Illustratorを使う以外ではマウスを使わないですね。InDesignもかなりの部分をトラックパッドで作業できました。Safariやメール、Office系にiTunesを使うならマウスはいらないかもしれません。

重さ
MacBook 12インチ Early 2015から見れば重いし大きいんですが、バッグに入れて持ち歩いても、そこは気になりません(普段は車移動です)。MacBook Air 13インチを持ち歩いている人なら、違和感はないと思います。むしろフットプリントが小さくなっている分、取り回しが楽かも…(^^;;

あとがき
個人的にはこのMacBook Proはコストパフォーマンスがいいマシンだと思います。一般的な用途で不満を感じることは、まずないでしょう。古いmac OSを仮想環境で使うなんてヘビーなことをする人は、あまりいないでしょうしね(笑)
モビリティと性能のバランスはいいです。サブマシンとして購入していますが、満足度は高いです。

このMacBook Proではちょっと厳しいですが、将来的には古いAdobeのアプリは仮想環境でガシガシ運用していこうと思っています。
とは言いながら、現行のMacBook Proでもメモリを16GBにした13インチモデルか15インチモデルなら実用レベルになりそうな気がしますので、iMac Retina 5KとこのMacBook Proを売って、13インチMacBook Proのほぼ特盛か15インチMacBook Pro下位モデルのちょい盛りを買ってしまおうかとか考えているカエルがいます(爆)
Adobe CS6とCS5.5のネイティブ環境はMac Pro Early 2008がありますからね(^^;;


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ピョン吉

キホンMacの話題が中心ですが、わりと何でも書くことにしました。

東海三県というと入らない東海地方の県の人。富士山は綺麗に見えます。
主に紙媒体の人で、オペレーター寄りのデザイナー。

使用機種
メインマシン:Mac Pro 3.7GHz Quad Core (Late 2013)
サブマシン:MacBook Pro (13インチ、Late 2016、Two Thunderbolt 3 Ports)
宅内ファイルサーバー:Mac mini (Late 2012, Core i7 2.6GHz)
その他:iPhone X、iPad (6th)、TimeCapsule(第4世代)、AirMac Extreme 802.11ac

これまでにお世話になった機種(近年)
iPad Air
iMac (Retina 5K、27インチ、Late 2014)
MacBook(Early 2015)
Mac mini(Late 2012)
iMac(Late 2013)
MacBook Pro(Mid 2012)
Mac Pro (Mid 2010)
iPhone 3G, 4, 5, 6
iPad 2, iPad 3rd


アフィリエイトについて
当ブログでは、「Amazon.co.jp」のアフィリエイトプログラム「Amazon アソシエイト」に参加しています。
当ブログ記事内の「Amazon.co.jp」へのリンクは、アフィリエイトリンクです。
これらのリンク先の商品は、当ブログが管理及び販売しているものではありません。お問い合わせになる際は、各店舗にお願い致します。

最新トラックバック

PR