自分にベストバイなMacBook



右側のiBook G4が在りし日の自分のマシンです。

今までノート型Macは何台も使ってきました。
その中で、どうしても「ダメだ~」となるマシンがありました。
自分もすっかり忘れていたんですけどね(笑)

それは「小さいノート」です。
初めてのノート型MacのiBook G3(白はんぺん)、次のiBook G4(白はんぺん)は2台とも12インチでした。その後は憧れだったPowerBook G4 15インチ、その後しばらく15インチのマシンを使っていて、途中MacBook Airが間に入り、MacBook(Early 2015)です。

e0095093_292027.jpg

MacBook AirのLate 2010ですね。


ある程度長い期間使っているのは、(一部例外はありますが)15インチのマシンです。
13インチ以下のマシンは軒並み使用期間が短いのです。
13インチ以下のマシンは、ネットをするとかiTunesを使ってiOS端末の母艦にするとかくらいならいいのですが、いざAdobeアプリを使おうと思うと(特に)モニタが小さすぎて作業する気になれません。液晶解像度も足りません。
ホントにあくまでも「サブマシン」にしかならないんですよね。
どれもいいマシンなんですけどね。
2台体制の時に自分が求めているのは、両方ともメインを張れるマシンなんだと思いました。
で、性能と可搬性を考えると15インチのMacBook Proが自分にとってはベストなのかな…と。
自分にとって13インチ以下のマシンは、iPadと扱いが大して変わらないのかもしれません。

で、これって何年か前に気が付いたんですよね~。それが、あの新しいMacBook(Early 2015)を見て完全に舞い上がって忘れてしまいした~(爆)
んなわけで、相当な無理をしてMacBook Pro 15インチを買い戻しました。と言ってもさすがに中古です。新品は高過ぎ&OSがEl Capitanということで回避。それで白羽の矢が立ったのはLate 2013の上位モデル…前使ってたの処分しなきゃ良かった…orz
まぁ、唯一違うのはUSキーということだけですか…キーボードは、USでもJISでも問題なく使えますが、基本US派です(^^;;

IMG_3043.jpg

久し振りに15インチMacBook Proを使っていて思うのは、何かスゲー「馴染む」ということ。使い慣れたペンを使っている感じですかねー。もう「そうそう、これだよ!」って(爆)

このMacBook Proはサブマシンではありますが、メインも張れるスーパーサブですね。iMacになんかあったら、すぐにコイツで作業ができます。

MacBookも当面処分しないで(どうせまた欲しくなるのは分かり切っているのでw)、初期化してキホン仕事で使わないマシンとして使ってみようと思います。

あー、回り道した。

あっ、一応言っておきますが、これはあくまで自分の話です。人によって、当然環境は違いますし、その環境によって必要となるマシンは変わるでしょうからね。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ピョン吉

キホンMacの話題が中心ですが、わりと何でも書くことにしました。

東海三県というと入らない東海地方の県の人。富士山は綺麗に見えます。
主に紙媒体の人で、オペレーター寄りのデザイナー。

使用機種
メインマシン:Mac Pro 3.7GHz Quad Core (Late 2013)
サブマシン:MacBook Pro (13インチ、Late 2016、Two Thunderbolt 3 Ports)
宅内ファイルサーバー:Mac mini (Late 2012, Core i7 2.6GHz)
その他:iPhone X、iPad (6th)、TimeCapsule(第4世代)、AirMac Extreme 802.11ac

これまでにお世話になった機種(近年)
iPad Air
iMac (Retina 5K、27インチ、Late 2014)
MacBook(Early 2015)
Mac mini(Late 2012)
iMac(Late 2013)
MacBook Pro(Mid 2012)
Mac Pro (Mid 2010)
iPhone 3G, 4, 5, 6
iPad 2, iPad 3rd


アフィリエイトについて
当ブログでは、「Amazon.co.jp」のアフィリエイトプログラム「Amazon アソシエイト」に参加しています。
当ブログ記事内の「Amazon.co.jp」へのリンクは、アフィリエイトリンクです。
これらのリンク先の商品は、当ブログが管理及び販売しているものではありません。お問い合わせになる際は、各店舗にお願い致します。

最新トラックバック

PR