El CapitanでAdobe CS3とOffice for Mac 2008

MacBookはプライベート使用ということで、OSはEl Capitanのままでリストアをしました。
で、今は仕事で使わない(昔使っていた)古いアプリケーションのインストールをしています。まぁ、そんなに数は多くないですけどね。
んで、Adobe CS3をインストールしてみましたよ。

IMG_3047.jpg

結論から言うとインストールはちゃんとできて、起動もしました。ライセンス認証も問題なくできました。
ただ、やっぱりAdobe Updaterが使えません。アップデートは手動でやるしかないのですが、Illustrator CS3とInDesign CS3については手動でもアップデートはできませんでした。Photoshop CS3はアップデートができました。
やっぱりLion以降できなかったことは、El Capitanでもできませんね。
インストールができても、最終バージョンまでアップデートできないと仕事で使うのは厳しそうですね。ちなみにWeb系のアプリは使っている人は、ほとんどいないだろうと思って、起動確認しかしていません(まぁ、他のアプリもそうなんですが…)。起動は全部しましたね。
自分の場合、CS3で仕事用のデータを作るわけではないので、一向に構わないんですけどね。MacBookのEl Capitanで使うのは、CS3じゃPhotoshopくらいじゃないでしょうか(^^;;

続いて…

IMG_3048.jpg


Office for Mac 2008です。
自分が持っているのはアップグレード版なので、昔のOffice for Mac ver.Xのディスクを探すのに手間取ったのは内緒ですw
G4やG5に入れていたんですからね〜。使わなくなって久しいので…(^^;;
Office for Mac 2008は、インストールからアップデートまで問題なく済みました。起動もしましたし、おそらく問題なく使えるのではないかと思われます。

検証(遊び)マシンができたことで、ちょっと入れてみましたが、仕事でなければ十分に使えそうです。CS3についても、印刷用の最終データを作るのでなければ十分そうです。
これらのアプリケーションを持っていて「新しいのを買うのは勿体ないし、まだ使いたいよ」という方以外は、できる限り新しいバージョンのアプリケーションを使ったほうがいいと思います。古いバージョンはメーカーの保証もありませんからね。
自分は、Adobe CCは普通に買うと正直高いと思いますが、Office 365は中々にリーズナブルだと思っています。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ピョン吉

キホンMacの話題が中心ですが、わりと何でも書くことにしました。

東海三県というと入らない東海地方の県の人。富士山は綺麗に見えます。
主に紙媒体の人で、オペレーター寄りのデザイナー。

使用機種
メインマシン:Mac Pro 3.7GHz Quad Core (Late 2013)
サブマシン:MacBook Pro (13インチ、Late 2016、Two Thunderbolt 3 Ports)
宅内ファイルサーバー:Mac mini (Late 2012, Core i7 2.6GHz)
その他:iPhone X、iPad (6th)、TimeCapsule(第4世代)、AirMac Extreme 802.11ac

これまでにお世話になった機種(近年)
iPad Air
iMac (Retina 5K、27インチ、Late 2014)
MacBook(Early 2015)
Mac mini(Late 2012)
iMac(Late 2013)
MacBook Pro(Mid 2012)
Mac Pro (Mid 2010)
iPhone 3G, 4, 5, 6
iPad 2, iPad 3rd


アフィリエイトについて
当ブログでは、「Amazon.co.jp」のアフィリエイトプログラム「Amazon アソシエイト」に参加しています。
当ブログ記事内の「Amazon.co.jp」へのリンクは、アフィリエイトリンクです。
これらのリンク先の商品は、当ブログが管理及び販売しているものではありません。お問い合わせになる際は、各店舗にお願い致します。

最新トラックバック

PR