Adobe CCとCS6



このほど、所有しているマシンの構成を色々考えて、ほとんど活用していなかったMacBookを持ち歩きに用に復活させることにしました。
現在所有しているマシン(実用に耐えうるマシン)は、iMac Retina 5K (Late 2014)、MacBook Pro 15インチ (Late 2013)、MacBook (Early 2015) の3台です。
3台で困るのがAdobeアプリのライセンス数です。2台までしかインストールできませんからね。
これまでは「持ち運びやすさ」よりも「出先での作業効率重視」でMacBook Proを持ち歩いていました。従って、MacBookにはAdobeアプリは入れていませんでした。

移行するにあたりMacBook ProのAdobe CS6のライセンス認証を解除しようとしたら、解除画面にCC 2015とCS6のアイコンが表示されているじゃありませんか!
これって、CS6がCC(サブスクリプション)として認識されてる?パッケージ版なのに…


signout.jpg

あれ?アイコンの数が多い…


IMG_3434.jpg

ちゃんとパッケージ版

で、よく分からなくなってAdobeのサポートに電話です。
原因はAdobe CC 2015を入れる時に一緒にインストールされるデスクトップアプリ(メニューバーに常駐するアレです)は、パッケージ版との区別ができないとのこと。同じAdobe IDで登録してしまうと一緒くたにされてしまうそうです。
「高い金出してパッケージ版買っているのにふざけるなぁ〜」と思わなくはなかったんですが、言ってもしょうがないので対策を伺うと、Adobe IDをもう一つ作ってCS6は新しいAdobe IDに紐付けをしてみてくださいとのこと。理屈では共存できそうです(結局試していませんw)。
正直面倒くさいと思いましたが、ここで一つ気が付いた(忘れていた)ことが…CCってCS6以降の過去のバージョンがダウンロードできるんですよね。ってことは、CS6に限ってはサブスクリプション版とパッケージ版の2ライセンスがあるってことでは…?と。それぞれ2台までインストールできますから、合わせて4台分です。ただ、Adobe IDは別にした方が無難でしょう。
※一応Adobeのサポートに確認をしてみたら「2ライセンスで問題ない」とのこと。

これならMacBookにCS6だけでも入れておけば、持ち歩き用としては事足ります。外出先で重い作業はしませんからね。
ただ難点は、このMacBookにEl Capitanを入れていたことです。今まで気が付かなかったんですが、El CapitanだとCS6とCS5のどちらも何かしらのアプリに不具合が出ます。なのでYosemiteに戻さなければいけなかったという…(T_T)

CC 2015も契約していますが、メインのバージョンは未だにCS6なので複数のMacにインストールできるのは助かります。

iMac 5Kは仕事用に特化させて(今まで一台で色々やらせてました)、MacBook Proは仕事用サブ兼プライベート用メイン兼iOS端末の母艦にしようかと悩んでいます。これでEl Capitan+仮想環境でCS6 or CS5も試してみようかな…と。将来を見据えて(^^;;
※今回、分からなくてAdobeのサポートに電話で色々聞きましたが、とてもよく対応してくれました。助かりました。ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ピョン吉

キホンMacの話題が中心ですが、わりと何でも書くことにしました。

東海三県というと入らない東海地方の県の人。富士山は綺麗に見えます。
主に紙媒体の人で、オペレーター寄りのデザイナー。

使用機種
メインマシン:Mac Pro 3.7GHz Quad Core (Late 2013)
サブマシン:MacBook Pro (13インチ、Late 2016、Two Thunderbolt 3 Ports)
宅内ファイルサーバー:Mac mini (Late 2012, Core i7 2.6GHz)
その他:iPhone X、iPad (6th)、TimeCapsule(第4世代)、AirMac Extreme 802.11ac

これまでにお世話になった機種(近年)
iPad Air
iMac (Retina 5K、27インチ、Late 2014)
MacBook(Early 2015)
Mac mini(Late 2012)
iMac(Late 2013)
MacBook Pro(Mid 2012)
Mac Pro (Mid 2010)
iPhone 3G, 4, 5, 6
iPad 2, iPad 3rd


アフィリエイトについて
当ブログでは、「Amazon.co.jp」のアフィリエイトプログラム「Amazon アソシエイト」に参加しています。
当ブログ記事内の「Amazon.co.jp」へのリンクは、アフィリエイトリンクです。
これらのリンク先の商品は、当ブログが管理及び販売しているものではありません。お問い合わせになる際は、各店舗にお願い致します。

最新トラックバック

PR